Google

フィリピン旅行での感染症に対する対処法そのA

スポンサードリンク
フィリピン旅行で注意したい感染症。きちんとした対処法を得ていれば、それほど恐れることはないもの。しっかりとした対処法を収集しておくことがフィリピンのみならず、海外旅行に出るときには大切な事だ。
旅行に出かけると、疲れや飲み過ぎ食べ過ぎは避けられないものでしょうし、その間に感染症に対する抵抗力が落ちてしまうので注意してほしい。

フィリピン旅行で注意すべき食べ物@
『生もの』
日本の食習慣とも言える刺身・生の貝などはフィリピンでは危険なこと。たとえフィリピンでも随一の一流レストランや高級ホテルであっても非常に危険なものと考えるべきでしょう。新鮮に見えても食中毒菌コレラA型肝炎に感染することがある。キニラウ(魚介類のたたき)も危険。
おいしそうな見た目でついつい口にしまいがちになるが、自分の身体を守るためにも生ものは必ず避けるように。

フィリピン旅行で注意すべき食べ物A
『生水』
都市での水道設備は整っているが、どの水が安全かは旅行者には分からないので、飲まないのがほうがいい。またフィリピンの地方では井戸を使用しているのも多いので、飲用に適していないと考えたほうがよい。どうしても水が欲しい時はミネラルウォーターやボイルドウォーターと言って注文すること。アジア、途上国など水道設備が整っていない国では水は気をつけるものでしょう。

フィリピン旅行に限らず旅行での醍醐味と言えば食事だ。この食事に対して、これほど注意をしないといけないことにがっかりした人もいるだろう。
ここで紹介したものはあくまで一般的に感染症の恐れがある食べ物である。ただ屋台の中でもしっかりと調理をしてあるものはとても美味だ。
事前にしっかりと情報を収集して、あとは現地で自分の目で判断することが大事である。少しでも危ないと思ったら決して口にしないこと。
家に帰るまでが遠足であるように、旅行も無事お家へ帰れなければ楽しいフィリピン旅行の思い出も作れるだろうか。

フィリピン旅行での感染症に対する対処法

スポンサードリンク
フィリピン旅行で注意するべきは感染症もそうだが、これらに対してきちんとした対処法を知っていれば、それほど恐れることはフィリピン旅行では感じないはず。しっかりとした対処法を収集しておくことが、フィリピン旅行だけではなく海外旅行に出る際には大切なことだ。

フィリピンは土地柄は機構により様々な感染症や風土病があると前回伝えたが、都市部の観光だけであれば、食事や飲み物に注意し体調を整えておくだけでも、かなり病気の予防ができる。旅行に出かけると、どうしても疲れや飲み過ぎ食べ過ぎで知らない間に抵抗力が落ちてしまうので都市部の観光なら体調管理に注意してほしい。

フィリピン旅行で注意すべき食べ物@
『ハロハロ』
氷、牛乳、そして果物で作ったフィリピンのデザート。ホテルやレストランで出されるものであれば問題はないだろうが、不衛生な屋台などのものは注意が必要。
『生野菜』
市場や屋台で蠅がたかっているようなものは避ける(笑
さすがにシロウトには危ないでしょう。テレビに出てくる食べ物レポーターはすごいと思えるが、、、
こういうフィリピンなどの市場で蠅がたかっているものは赤痢、食中毒、寄生虫の心配がある。

フィリピン旅行で注意すべき食べ物A
『アイスクリーム』
フィリピンのアイスクリームは美味しいと言われているが、不衛生な屋台などで出されたもので下痢した人がおり、赤痢や食中毒の心配がある。冷凍することで細菌は死ないことをおぼえておいてほしい。
折角のフィリピン旅行でアイスクリームを食べれないのではなく、きちんと衛生管理の整った場所で食すのがフィリピン旅行を楽しめる秘訣でしょう。

フィリピン旅行で注意すべき食べ物B
『果物』
カットされて出される果物は、ホテルやレストランでも避けるほうが無難。また、不衛生な露店や屋台で切売りされている果物も危険。赤痢や食中毒の心配がある。
やはり避けなければならないものもフィリピンにはある。ホテル、レストランで出されていても注意は必要だ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。