Google

フィリピン旅行カテゴリの記事一覧

フィリピン旅行を楽しむ

スポンサードリンク
フィリピン旅行を選ぶ人々が近年急増している。
フィリピンの正式名は、フィリピン共和国といい、通称はフィリピン通っています。かつてはフイリッピンという表記もなされていたが知る人はすくないでしょう。漢字では比律賓と表記され、比と略される。
国名は、1542年にスペイン皇太子フェリペ2世の名から来ており、フィリピナス諸島と名づけられたことに由来している。

フィリピン旅行では気温には充分に配慮して欲しい。
フィリピンは1年中暑く、しかも湿度が高い。フィリピン群島全体の気候は複雑だが、大まかに乾季(9〜5月)と雨季(6〜9月)に分けられる。ほとんどの地方では、季節による気温の変化は少なく、平均最高気温が31℃、平均最低気温が24℃で安定している。フィリピンを訪れるのに最も良い時期は、気温と湿度がやや下がる12月から5月の間だ。この時期が寒くなるだけあり観光に訪れる狙い目ですね。

フィリピン旅行に行くときには、ある程度はフィリピンを知っておく必要がある。宗教、文化の違いがあるので最低でも知っておこう。
ほとんどのフィリピン人は民俗学的には、マレー人とインドネシア人に近く、共通の祖先を有している。中国人移民の子孫もいるし、メスティーソ mestizo(フィリピン人とスペイン人、またはフィリピン人とアメリカ人の混血)も多い。

フィリピンの宗教の特徴はローマ・カトリック82%、プロテスタント9%、イスラム教5%、仏教3%となっており、キリスト教が大半を占めている。
フィリピンにキリスト教が圧倒的に多いのは、1521年のマゼランが率いる船団がキリスト教を伝えたからでしょう。日本で言うザビエルと同じようなものですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。