Google

フィリピン旅行を楽しむための注意点(感染症)

スポンサードリンク
フィリピン旅行での重要な注意。フィリピン旅行では感染症に注意をしてほしい。
フィリピンは数多くある島で出来ているため、その気候も一様でなく、これが感染症を引き起こす原因ともなっている。

フィリピンは基本的には熱帯性モンスーン気候に属し雨季と乾季に分かれている。しかし島によってはこの雨季と乾季の差が明瞭でないもの、あるいはほとんどないものがある。そのため、流行する感染症も赤痢やコレラなどの消化器系感染症は、特に季節的な変動がなく発生している。(フィリピン旅行とは離れるがユーチューブなどの動画サイトでブラックジャックがコレラにかかりそうになる話があるので見てみるといい)

フィリピン旅行での感染症の報告はいくつかあるが、国立感染症研究所で掲載されている感染事例を紹介しよう。
『2002年、全国の空港検疫所でフィリピンから帰国した旅行者11からコレラ菌、4名から赤痢菌、141名から食中毒菌、2名からデング熱が検出されています。また、感染症発生動向調査によると国内でフィリピンから帰国した旅行者からコレラ患者5名、赤痢患者18名、腸チフス患者2名、三日熱マラリア患者4名、デング熱患者1名が報告されているようです。

フィリピン旅行のみならず、海外への旅行では感染症の危険はつねに避けては通れないと頭に入れるべきだ。感染症への感染経路はいくつかあるが、食べ物・水から感染する病気、虫が媒介する病気、その他の疾患に分けられる。
食事や体調に注意してフィリピンでの旅行を楽しむように心がけてほしい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

フィリピン旅行の情報
Excerpt: 海藻って好きなんですよ。体にも良いって言うし、サラダには欠かせません。 ディス...
Weblog: フィリピン旅行
Tracked: 2007-12-08 17:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。